【 太陽光全量買取り制度 】 中小企業の社長さん必見です!

0

こんばんは、小野です。

↓↓ 注目 ↓↓
中小企業の社長様や、土地に余裕のある皆様に朗報です。

現在注目を集めている太陽光発電の全量買取りについてまとめてみました。

現在、太陽光発電の中規模事業として、

10kw以上?50kw未満

太陽光発電システムを設置することができます。

この規模の太陽光発電システムは、

事務所の屋上や、広い空き地に設置することをお勧めします。

つまり、設置する場所には
『お金が掛からない』ことと、
『太陽の光が良く当たる』ことが前提となるわけですが、

このように余ったスペースに心当たりがある、個人事業主や法人の皆様にとっては、

“かなり”美味しいお話しです。

ちなみに、どのくらいの面積のスペースが必要かというと、
太陽光1kwあたり15?の敷地もしくは屋根・屋上が必要となります。

太陽光で発電した電気は全量買取されます!

これは、「大きな利益」を「確実に」回収できる仕組みが整備されているので、
知っていて損はないはずです。

いえ、むしろ『知らない=大損』だと言っていいと思います。

では、その利回りを具体的に見ていきましょう。

例えば、
思い切って最大の50kw(厳密には49.9kw)の発電設備へ投資した場合、

弊社では現在インリーソーラーの取り付け料金がおよそ35万円/kwなので、

50kw × 35万円 = 1750万円 です。

発電効率は、1kwあたりおよそ1200kw/年の発電量ですから、

年間総発電量は 1200kw × 50 = 60000kw

そして、1kwあたり42円の20年間全量買取が約束されていますので、
消費税を抜いた額で計算すると、

40円 × 60000kw = 240万円/年

…ということは、

利回り 240万円 ÷ 1750万円 = 13.7%!

ただ、これだけではございません。

私の提案は、ここからが腕の見せ所なのです。

注目です?よく覚えて下さい。

グリーン投資減税により、太陽光発電投資資金の初年度の即時消却が可能となります。

どういうこと?

…先ほどの事例で見ると、

太陽光発電の取り付けに要した1750万円が経費計上できるので、
営業利益が5000万円の企業では、

3250 万円(5000万-1750万)と見なされ課税されるわけです。

ここで、法人税40%を考えると、単純に700万円を節税できます。

これを利用して利回りを再計算すると、初期投資費用が700万円抑えられているので、

240万円 ÷ 1050万円 = 22.8%! 

これはもう、事件です。 

…と、こういう話しをすると、多くの中小企業から依頼が来るのも納得です。

ちなみに、
平成25年3月31日までの認定が〆切なので、

早く気付き、具体的に行動し、適正な太陽光コンサルティングを受けた者勝ちです。

私たちも、関東と四国にお住まいの方限定ですが、きっとお力になれると思います。

↓よろしければ読者登録してください^^

このブログの読者になる
もくじへ戻る

低燃費住宅ホームページへ
$低燃費な家づくりが家計を救う!太陽光発電が家族の収入になる家を建てよう!

↓『低燃費』のお得な情報をプレゼント?
$低燃費な家づくりが家計を救う!太陽光発電が家族の収入になる家を建てよう!

シェア

ライターについて

お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容